So-net無料ブログ作成

ウエンツ瑛士と小池徹平は不仲?WaT(ワット)が2月11日で解散を発表! [話題]

スポンサーリンク






ウエンツ瑛士さんと小池徹平さんは不仲なのか?

12月6日WaT(ワット)が2月11日解散発表して話題です。



ウエンツ瑛士さんと、小池徹平さんによる音楽デュオ・WaT(ワット)が12月6日に、

東京・品川ステラボールで、約8年ぶりとなる

ライブWaT 10th Anniversary Live 2015」を開催しました。

この時に、2016年2月11日解散することを発表しています。


12月6日ライブは、日比谷野外音楽堂で行われたライブ以来、8年ぶりの単独ライブで、

ファンが約1800人が集まり、久しぶりのWaT(ワット)の2人の姿に歓喜しました。


電撃発表に「やめないで!」と悲鳴が響いていました。

ウエンツ瑛士さんは、自らの口で解散を発表すると、下をうつむき涙して、

ウエンツ瑛士さんの、かわりにマイクを握った、小池徹平さんは、WaT(ワット)が活動を休止していた

5年間、役者として数々の作品に出演して

「自分の磨きたいもの、貫きたいものが見えてきた。

2足のわらじでやってきたが、WaTで100%力を出すのが難しくなってきた。」

と説明しています。


ウエンツ瑛士さんは、

「個人的な力をつけたいと思った。

WaTは甘えてきた場所だったけど、前に進んで自分の力でも皆さんを幸せにしなければならない」

と互いにソロ活動に専念する道を選んだ理由を告白しています。


解散について、小池徹平さんは、「すごく前向きです。」、

ウエンツ瑛士さんも

「2人ともポジティブ。

今より、すてきな日々を過ごせると思っている。

この決断を受け止めて」

とファンに訴えています。



WaT(ワット)は、ウエンツ瑛士さんと、小池徹平さんで結成された、

シンガーソングライター・デュオです。


ユニット名は、「Wentz and Teppei」の頭文字からとっていて、

ユニバーサルミュージック・A&Mレコード(ユニバーサルシグマ・A&M)所属しています。

個々の芸能活動では、バーニングプロダクションに所属しています。



WaT(ワット)は2002年より、代々木公園近辺でストリートライブをスタートして、

2004年11月にインディーズデビューしました。


2005年には、シングル「僕のキモチ」でメジャーデビューをはたして

2005年の「第56回 NHK紅白歌合戦」にデビューから史上最短で初出場しました。


2005年のNHK紅白歌合戦に出場した際は、イントロで小池徹平さんのギターの弦が切れて、

更に、サビ部分でカメラがマイクのコードを引っ掛けて、スタンドマイクが転倒するという

ハプニングに見舞われました。

やむを得ず、マイク転倒から立て直されるまでの、数秒間は生声で歌を披露しています。


また、2度目の紅白歌合戦に出場の際は、本番で楽屋からステージに移動する

エレベーターが急停止して、ウエンツ瑛士さんと、小池徹平さんがとも閉じ込められるという

災難に見舞われています。


2007年からは、それぞれソロデビューをして、個々の活動に専念して、

WaT(ワット)としては、2010年に2年ぶりとなるシングル「24/7~もう一度~」を発売して以降、

活動を控えていましたが、2015年2月に再始動を発表したばかりでした。


ライブでは、メジャーデビュー曲「僕のキモチ」のほか、5年ぶりとなる新曲も初披露して、

この新曲が収録されたベストアルバム「卒業BEST/WaT」を2016年2月10日に発売して、

翌日の2月11日に、東京・NEW PIER HALLで行われる握手会でWaT(ワット)は解散するとのことです。

今後は、個々のウエンツ瑛士さんと、小池徹平さんとして活動ですね!


長く活動を休止していたので、今さら活動再開して解散というのも変ですね!

ウエンツ瑛士さんと、小池徹平さんは不仲なのでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。