So-net無料ブログ作成

楽天ポイントが貯まりすぎる?Edyに交換した方が使いやすいとは! [便利]

スポンサーリンク






楽天ポイントが貯まりすぎて困ったことはないでしょうか?

そんなときは、Edyに交換した方が使える幅が広がります。


楽天で買い物をすると貯まる、利便性が高い楽天スーパーポイントですが、

結構使わないとどんどん貯まっていきます。

もちろん、楽天での買い物の際に使えばいいのですが、

そんなに頻繁に、楽天で買い物をしない方もいます。


楽天スーパーポイントは、Rポイントカードで、リアル店舗でも使えるようにもなっています。

しかし、まだ使えるお店は少ないのが現状です。

Rポイントカードについてはこちらを参照して下さい。
Edy-Rポイントカードの楽天公式サイトへ



なので、楽天スーパーポイントよりは、Edyに換えておくと、使えるお店が多くなります。

また、交換率は1ポイント=1円なので、等価交換となっています。

Edyが使えるお店は、こちらを参照して下さい。
http://edy.rakuten.co.jp/search/merchant/


それでは、楽天スーパーポイントEdyにする方法には2つあります。

1.「おサイフケータイ」を使う
2.楽天カードEdy機能

となっています。


一番簡単な方法は、スマホiPhoneガラケーなどの「おサイフケータイ」の機能を使う方法です。

アプリをインストールすれば使用できるようになります。


しかし、最近のガラケーやSIMフリースマホなどは、

おサイフケータイ」の機能がないモノがあります。


この場合は、楽天カード(クレジットカード)のEdy機能で、

楽天スーパーポイントEdyに換えることができます。


注意は、RポイントカードにもEdy機能は付いていますが、

この楽天スーパーポイントEdyに換えることはできません。


楽天カードは、年会費、発行料金は無料で一切費用はかかりません。

また、お得な入会キャンペーンもあることで、有名なクレジットカードです。

しかし、楽天カードにも、メリットデメリットがありますので紹介します。


デメリット1:メールが非常に多く、スパム並み

キャンペーンのメールや限定セールのメールなど非常に大量にきます。

また、キャンペーンにエントリーすると自動でメルマガに登録されたりもします。


放置していると、メールボックスが楽天メールだけになります。

なので、定期的にメールの停止設定をする必要があります。

また、絶対に携帯電話のメールアドレスでは登録しないほうがいいです。


デメリット2:ある日突然ログインができなくなる。

楽天カードは、クレジットカードの使用明細は、WEB明細サイトにログインしてみます。

突然「エラーコード2」と表示され入れなくなる人がいます。

エラーコード2は、「強制解約」とのことです。


楽天カードは入会が比較的に簡単ですが、入会した後に、途上与信という、

会員の信用情報の確認を頻繁に行っています。

信用情報を見て、他社で支払い遅延などをしていると、楽天カードに直接関係なくても

強制解約になったります。

その他にも、キャッシングをしたり、枠いっぱいのリボを使ったりすると、

エラーコード2になる可能性が高くなるといわれています。

楽天カードは、入会を比較的に簡単ですが、リスクのある方は、早めに排除するようなので、

キャッシングや、リボ分割を使う人は、注意が必要です。

実際には、基準が分かりませんが、支払い遅延などをしなければ、問題はありません。


デメリット3:期間限定ポイントに注意

楽天の、キャンペーンでもらえるポイントは10日~半年期限の期間限定ポイントです。

使い忘れると無駄になったりします。

月1回以上、楽天で買い物する人でないと、無駄にしてしまう可能性が高いです。

更に、この期間限定のポイントは、楽天が買い物をするか、Rポイントカードでしか使用できません。

これは、Edyにも換えることができません。


ただし、楽天カードの利用額にたいして付与される通常ポイントは、

期限が長いので、ご心配はありません。


デメリット4:ETCカードには年会費が500円(税抜)かかる

ETCカードは、年会費請求月の楽天PointClubの会員ランクがプラチナ、ダイヤモンドだと、

年会費無料となるとのことです。

しかし、かならずプラチナ、ダイヤモンドかは分かりませんので注意が必要です。



次に、メリットですが、

メリット1:審査が非常に早い

WEB審査が非常に早いです。

本当にしているのかと疑いたくなります。

普通の人は、数分~数時間ほどで結果が出てきます。

また、楽天カードの到着も非常に早いです。


メリット2:入会時のポイントをたくさんもらえる

期間限定入会キャンペーンを頻繁にやっています。

入会するだけで、楽天スーパーポイントが5000~10000ポイントもらえます。

ただし、ポイントの付与には数ヶ月かかるモノもあります。


楽天ポイントは、1ポイント=1円で使用できるので、

5000円から10000円がもらえるとの同じ意味になります。

使うあてがないときは、もらえた楽天スーパーポイントは、Edyに換えておくのもいいです。

ただし、期間限定のポイントは交換できないので、

図書カードや、ギフトカードも検討した方がいいでしょう。


メリット3:とにかくポイントがもらえることが多い

ポイント明細のメールやら、福引があり必ずポイントがもらえたり、

キャンペーンがあったり、アンケートに答えて○○○ポイントとか、

クリックして○ポイントとか、とにかくポイントをもらえることが多いです。

これらのポイントを含めると、数字以上の還元率になるでしょう。


メリット4:WEB明細の反映が非常に早い

利用したお店によっては、利用してからWEB明細に反映するのが

遅い場合もありますが、楽天カードは、かなり早いと思います。

利用状況の管理はしやすいです。


メリット5:使用するごとに速報メールと明細反映メールがくる。

楽天カードを使用した翌日とかに速報メールがきたり、明細に反映された後にお知らせメールきます。

速報メールは、不正使用されたときに、すぐに気が付けるのでメリットは大きいです。


といった感じで、デメリットメリットは存在します。



楽天カードの種類は、

VISA、MasterCard、JCBの3種類があります。

基本的な機能は同じです。

相違点は、電子マネーへのチャージです。


JCBだと、nanacoにクレジットカードでチャージしたら楽天スーパーポイントが貯まります。

nanacoチャージでポイントが貯まる、数少ないカードです。

MasterCardだと、au WALLETへのクレジットカードチャージで楽天スーパーポイントが貯まります。

auかんたん決済でも、au WALLETにチャージできます。

この場合は、MasterCard以外の楽天カードでもチャージ可能とのことです。


また、女性向けの楽天PINKカードが、2015年5月に登場しています。

楽天カードと内容はほぼ同じで、オリジナルの有料付帯サービスがついてきます。

こちらは、男性でも契約できるとのことです。



楽天で買い物をする頻度が多い方や、Edyを使う方、携帯電話に

おサイフケータイ機能がない方は、楽天カードEdy機能をもっている便利です。


ただし、大量にポイントがもらえますが、特に期間限定のポイントに惑わされて

必要以上の買い物をしないように注意が必要です。


ちなみに、楽天カードが気になる方は、

こちらをチェックしてみて下さい。
楽天カードの公式サイトへ


参考にしてみては如何でしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました