So-net無料ブログ作成
検索選択

O-157より急増?カンピロバクター食中毒って症状、感染経路、予防は? [ニュース]



O-157より急増している?

カンピロバクター食中毒も昨年から急増しているようです。

症状感染経路予防はどうすればいいのか?


古くから、牛や羊などの家畜で、流産や腸炎を起こす菌として知られていましたが、

1970年代に、人にも腸炎を起こすことが判明して、

1982年には、食品衛生法で厚生省に報告する食中毒事件票の

病因物質の種別の中にくわえられて、食中毒起因菌として指定されています。


カンピロバクター菌は、出荷された鶏肉の20%~50%にすでに潜んでいるとのことで、

発症すると、下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などの

症状がでるとのことです。

カンピロバクター菌の感染経路は、人および家畜からの感染症で、

消化器系腸炎が主な症状です。

まれに、0.1 %くらいの頻度で、腸炎が完治してから10日後くらいに

ギランバレー症候群」を併発することがあるようで、

重篤な場合は、顔面神経麻痺や呼吸困難を起こすこともあります。


カンピロバクター食中毒O-157より多く発生していて、

1位のノロウイルスに次いで2位の発生率です。


生の鶏肉や、十分に加熱しないで食べることで体内に入ります。

気温と湿度が、高い時季に繁殖が活発化するとのことです。


予防方法、鶏肉の中心部を75度以上で1分以上加熱することと、

肉を食べたハシで、サラダを食べようとつまんだ時にも菌が移る可能性があり、

肉と、サラダは、別のトングなどでとるようにすることなど、

フキンも、肉用の食器と、他の食器とで使い分けるなどが予防の一つの方法です。


更に、昔の人たちは、野菜をたくさん食べていたために発症が少なかったようで、

現代は、食物繊維の摂取量が、昔にくらべると3分の1に減ったために、

カンピロバクター食中毒の発生が目立ちはじているようです。


なのでもう一つの予防方法は、野菜をしっかり食べて腸内細菌を増やすことのようです。

自然薯や、山芋のようなネバネバした野菜に、特に予防効果があるようです。


鶏肉は特にですが、牛肉なども、十分に加熱して食べるようにすることと、

便秘や、下痢などで、免疫力が低下しているときや、

寝不足や、ストレスでも免疫力が低下しているときは、注意することが重要です。


カンピロバクター菌が、原因で起きた食中毒は多く、

2017年3月に埼玉市、2017年5月に八王子市、

2017年6月に江戸川区、2017年7月に新潟市などで被害が出ています。


2017年8月12日には、川越市の焼き鳥店で女性4人が食中毒を起こして、

川越保健所は8月26日に、この焼き鳥店を営業停止処分にしています。


厚生労働省の統計で、2017年1月~7月の発生は、報告されているだけで100件、

患者数は771人になっているようです。

発生件数は、例年300件程で、患者数2000人ほどになっています。

2014年が306件で、患者数は1893人で、

2015年が318件で、患者数は2089人で、

2016年が339件で、患者数は3272人と大幅に増加しています。


2017年もこの調子でいくと、更に増加となりそうです。

あまり話題にはなっていませんが、

O-157よりも多く発生しているので、こちらも注意した方がいいでしょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感