So-net無料ブログ作成
検索選択

菅田将暉と土屋太鳳主演で「となりの怪物くん」が実写映画に!首輪つけるか? [映画]



菅田将暉さんと土屋太鳳さん主演で「となりの怪物くん」が実写映画

菅田将暉さんに首輪つけるのかな?


となりの怪物くん」は、ろびこさんによる少女漫画で、

デザート」で2008年10月号から2013年8月号まで本編が連載されて、

2013年10月号から2014年1月号まで番外編が連載されました。


2012年には、テレビアニメが放送されて

更に、実写映画化が菅田将暉さんと、土屋太鳳さんのW主演で

2018年に公開されることが決まりました。


となりの怪物くん」の実写映画化は、複数社との競合になっていて、

菅田将暉さんと、土屋太鳳さんが主演をつとめることで、

東宝が映像化権を獲得したようです。


あらすじは、

行動が予測不能な問題児・吉田春(菅田将暉さん)と、

ガリ勉で冷血な水谷雫(土屋太鳳さん)という、友達ゼロの2人が主人公になっています。

水谷雫の、初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係など

はじめてだらけの2人の吉田春水谷雫を中心に、

いろいろな登場人物たちとのふれあいを描いていきます。


主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績をとることしか興味が無く、

生き物にたいしての慈しみも乏しい女の子で、

小学生の時に、クラスで飼っていたウサギが死に、

みんなが悲しむ中でも宿題を優先する発言をして、

周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強ばかりの女の子で、

高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、

入学式当日に流血事件を起こして、停学処分解除後も不登校を続ける

問題生徒・吉田春(ハル)と知り合うことになりました。


本当の友達がいない吉田春(ハル)の思い込みや、勘違いも手伝い、非常に気に入られる。

迷惑しながらも、水谷雫吉田春(ハル)の世話を焼くようになります。


やがて吉田春(ハル)は登校をはじめて2人の感情にも友情が芽生えはじめる。

それが次第に、恋愛に近いものに変化していきます。


実は頭脳明晰だが、暴力的で奇行が目立つために友人を求めながらも孤立してきた吉田春(ハル)と、

成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた水谷雫は、

不器用な2人が出会ったことにより、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていきます。



吉田春役の菅田将暉さんは、

「最近僕は運動不足です。土屋さんは身体能力の高い方だと聞いていますので、

撮影の合間にボールを使ったりして遊びたいです」

と語っているようで、


監督は、月川翔監督で、

菅田将暉さんと土屋太鳳さんという力強い主演2人を得て、

本作を映画化する上で考えうる最高のキャスティングだと思います」

と語っています。


となりの怪物くん」は、2018年に公開とのことで、

楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「斉木楠雄のΨ難」実写映画の山崎賢人と橋本環奈が・・・ここまでやる? [映画]



斉木楠雄のΨ難」の実写映画山崎賢人さんと橋本環奈さんが

ここまでやる?と話題ですね!


麻生周一さんの人気漫画を実写映画化する「斉木楠雄のΨ難」で、

山崎賢人さんと橋本環奈さんがイメージを覆す演技を見せているとのことで、

監督、脚本をつとめた福田雄一さんが、

主演の山崎賢人さんと橋本環奈さんを称賛しているようです。


斉木楠雄のΨ難」は、週刊少年ジャンプで連載中で、

PK学園に通う高校生・斉木楠雄(山崎賢人さん)は、

超能力を持ってしまったばかりに災難に巻き込まれ続けます。

そんな斉木楠雄が、年に1度の文化祭を穏便にやり過ごそうとする一方で、

ワケありのクラスメイトたちが騒動を引き起こしていくというストーリーになっています。


福田雄一監督の話しでは、山崎賢人さんはコメディ初挑戦ながら、

スタッフ、キャスト陣を爆笑させる演技を連発しているとのことです。

「ファンの方のみならず、こんな顔をしている山崎賢人をはじめて見たな、ということの

目白押しなんですよ」と語っているようです。


また、はじめて見る顔が表に出るのは、

学園のアイドル・照橋心美(橋本環奈さん)の妄想が垣間見える場面もとのことで、

斉木楠雄は、素朴な感じでツッコむ感じですが、

照橋心美の妄想のなかでだけでは、斉木楠雄がだいぶ崩れるとのことで、

顔や表情を崩したり、崩れた自分を遊ぶことを、

山崎賢人さんと橋本環奈さんが変わりばんこでやっていくようです。


照橋心美(橋本環奈さん)が、斉木楠雄(山崎賢人さん)が、どうして振り向かないのっていう、

すごい顔をする必要もあり、

その通りに、山崎賢人さんと橋本環奈さんは現実と妄想のシーンでは、

まったく逆の演技を要求されるとのことで、

山崎賢人さんは斉木楠雄のクールな立ち振る舞いと、妄想のなかでのコミカルな動作して、

橋本環奈さんは照橋心美のアイドルとしての顔と、美少女と自覚している計算高い内面

を表現していくようです。

照橋心美の妄想のなかで、斉木楠雄が猛烈な勢いでスイカにかぶりつくシーンでは、

志村けんさんと、同じようにスイカを食べるとのことで、

斉木楠雄役の山崎賢人さんが、今までとは違うキャラをみせてくれるとのことです。



引用:https: //youtu.be/aZkZ4JimmaU


山崎賢人さんと橋本環奈さんの配役は当たりだったのかもしれませんね!

実写映画斉木楠雄のΨ難」の、10月21日の公開が

楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木村拓哉と二宮和也が共演で「検察側の罪人」が実写映画に!今度は黒いキムタク・・・? [映画]



木村拓哉さんと二宮和也さんが共演で

雫井脩介さんの小説検察側の罪人」が実写映画に・・・

今度は黒いキムタクか?


やけに・・・木村拓哉さんだけが出てくるのは事務所の力?


雫井脩介さんの小説検察側の罪人」が、

SMAP木村拓哉さんと二宮和也さんの共演により

映画化されることが決まりました。


あらすじは、

東京地検を舞台に、ある殺人事件をめぐって、

それぞれの正義がすれ違い、対立する二人の検事の物語です。


蒲田で老夫婦の刺殺事件が起きて、

事件を担当する検事はベテランの最上毅と若手の沖野啓一郎となります。


しかし、容疑者の名前を調べた最上毅は驚愕します。

そこには、かつて最上毅が世話になった

寮の管理人夫妻の一人娘を殺害した容疑のある松倉の名前があったからです。


松倉は殺人事件の容疑があったものの決定的な証拠が出ず、

事件は時効となっていました。


復讐心をもっていた最上毅は、

なんとしても松倉を今回の老父婦殺人事件の犯人にしようとします。


あまりに苛烈な取り調べを続けていく最上毅を見て、沖野啓一郎は反発していきます。

最上毅沖野啓一郎の2人の検事が、それぞれの正義をもって対決していきます。


木村拓哉さんは、エリート検事・最上毅役に、

二宮和也さんは、最上毅を師とあおいでいた新米検事・沖野啓一郎役となります。

また原田眞人さんが、監督・脚本をつとめるとのことです。


雫井脩介さんによる原作は、時効や復讐など重いテーマの物語で

これを基準に実写映画化するなら、最上毅役の木村拓哉さんは、

ダークなキムタクになると思われます。


木村拓哉さんに、とってSMAP解散後に撮影するはじめての映画となり、

元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのは、はじめてとなっています。

木村拓哉さんがSMAPを卒業することで、

グループごとの垣根がなくなり、共演が可能になったと言われていますね!

SMAP解散により、木村拓哉さんのダークなイメージを逆に利用した

ジャニーズ事務所の策略なのかもしれません。


今後は、新しい木村拓哉さんを作っていくのでしょうか?

また、嵐の二宮和也さんの沖野啓一郎役はこれを考えると、

更にさわだってクリーンな役になりそうです。


その他のキャストの、松倉重生久住由季橘沙穂諏訪部利成水野比佐夫

の俳優が誰になるか?

松倉重生
老夫婦刺殺事件の容疑者で、

23年前に起きた女子中学生殺人事件でも犯人ではないかと疑われていました。

最上毅が住んでいた学生寮の管理人の娘を殺害した容疑です。

しかし、事件は証拠が出ずに時効となっています。

久住由季
最上毅が若い時に住んでいた寮の管理人の娘です。

中学生の時に殺害されます。

橘沙穂
老夫婦の刺殺事件の立会事務官です。

諏訪部利成
銃などを取り扱う裏稼業のブローカーで、

「物は売っても人は売らない」という歪んだ信念をもっています。

水野比佐夫
老夫婦の刺殺事件を追う記者です。

などが重要な人物だと思いますが、原作とどこまで類似するのか?

新たな配役もあるのか?

楽しみなところですね!


ちなみに、小説検察側の罪人」が、気になる方は、

こちらをチェックして下さい。
「検察側の罪人」のアマゾン公式サイトへ

「検察側の罪人」の楽天公式サイトへ


最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感