So-net無料ブログ作成

ガソリンスタンドのオイル、タイヤ、バッテリー交換でトラブル?不安あおり対策は! [疑問]



ガソリンスタンドオイル交換タイヤ交換バッテリー交換

必要性は疑わしいのに交換トラブル

不安あおり!整備トラブルが急増って対策はあるのか?


交換しないと危険と言われて、タイヤオイルバッテリーなどを交換したが、

後でディーラーさんに聞いてみたら、必要性は疑わしいと判断されたと、

ガソリンスタンドでの自動車整備による国民生活センターへの相談件数が、

2013年から急増しているようで、2015年以降は60~70件ほどになっているようです。


安全に特に注意するタイヤオイルバッテリーなどが多いようで、

車の知識が少ない方や、、会社の車だったり、借りている車など、

その車の所有者ではない方にたいして、危険などと、不安をあおりながら

交換をすすめるケースが多いようです。


ガソリンスタンドでのトラブルをさけるための注意点

・信頼ができるディーラーや自動車整備工場などで、定期的に点検してもらう。

ガソリンスタンドで勧誘をうけた際は、すぐに決断せず、知り合いの整備士などに相談する。

・自動車の部品(オイル、バッテリー、タイヤ)の交換時期や使用状態を確認しておく。

・1ヶ月に1回はタイヤの空気圧などを点検する。

などに日ごろから注意しておくといいでしょう。


ただし、ガソリンスタンドオイル交換タイヤ交換バッテリー交換など

勧誘をうけたらどうすればいいのか?


オイル交換が必要と言われたら

オイルは確かに、車にとってとても重要なモノの一つですが、

一番問題となるのは、オイルがなくなってしまった場合です。

この場合はエンジンが壊れてしまう恐れがありますので、エンジンはかけない方がいいです。

オイルは、車にとっては人間で言う血液のようなモノですが、

多少汚れていても、すぐにトラブルになることは少ないです。

知り合いの整備士さんに確認してもらうといいでしょうね。


タイヤ交換が必要と言われたら

確かに、タイヤはバーストなどをすると事故などをひきおこす可能性もありますが、

空気圧が1kgf/㎠(100kPa)ほどまで低下していれば問題も起こるかもしれませんが、

タイヤの溝が少なかったり、ヒビなどの劣化があっても、

すぐに空気漏れを起こす可能性は少ないです。

釘などが刺さって空気漏れをしているときは、すぐに対処が必要ですが、

空気圧が適正圧であれば、速度を出さすに、注意して運転して、知り合いの整備士さんに、

確認してもらう方がいいでしょう。


バッテリー交換が必要と言われたら

バッテリーは一般の車であれば、一番負荷がかかるのはエンジンを始動する時です。

最近は、アイドリングストップ車や、ハイブリッド車、電気自動車などがあり、

当てはまらないケースもありますが、相当劣化していなければ走行できなくなることは少ないです。

バッテリーの劣化具合をみる指標の一つにCCA値があります。

注意点としては、バッテリーが満充電の状態でないと正確に測定できない場合も多いです。

一般の軽自動車であれば、100A以下だとエンジン始動はきびしいでしょう。

また、一般の乗用車の場合は、140A以下だとエンジン始動はきびしくなりますが、

エンジンがかかってしまえば、走行できる場合が多いです。

アイドリングストップ車を除けば、エンジン始動ができるレベルであれば、

走行できる場合が多いです。

アイドリングストップ車の場合は、アイドリングストップをOFFにすれば

一般車と同じようになります。

エンジンが始動できるのであれば、知り合いの整備士さんに確認してもらった方がいいでしょう。

エンジンが始動できない場合は、JAFさんやブースターケーブルなどで、

とりあえずエンジンをかけることができれば走行可能な場合が多いです。

ただし、注意点としては、アイドリングストップ車はアイドリングストップをOFFにすることと、

最近の車は、電気を多く使う車が多いので、とりあえずはエアコンOFF、カーナビ、

カーオーディオなどもOFFにして走行した方がいいです。

それでも、バッテリーの劣化度合いによってはエンジン停止になる可能性はありますので、

その覚悟で走行する必要はあります。


ガソリンスタンドの方も、必ずしも間違った説明をしていないと思いますが、

ご自身の車の、メンテナンスや、車検をうけているディーラーさんや、自動車整備工場さんなどに、

必ず相談するようにすることが大切だと思います。


参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感