So-net無料ブログ作成
検索選択

有田哲平と本田翼が共演「わにとかげぎす」が実写ドラマに!最終回は屋上から・・・ [ドラマ]

スポンサーリンク






有田哲平さんと本田翼さんが共演で

わにとかげぎす」が実写ドラマになることが発表されました。

最終回富岡ゆうじが屋上から飛び降りるのか?


古谷実さんの原作の漫画わにとかげぎす」が

くりぃむしちゅー有田哲平さんが主演の富岡ゆうじ役で、

本田翼さんがヒロイン・羽田梓実写ドラマ化されることになりました。


わにとかげぎす」は、古谷実さんが原作者の漫画で、

週刊ヤングマガジンにて、2006年から2007年まで連載されていました。


人生を無駄に過ごしてきたことに32歳で気付いた男、

富岡ゆうじが自分自身を変えようと、それまでの考えを改めて、

友人を作ったり、恋愛しようとして、さまざまなトラブルに翻弄される様を

ユーモアで、サスペンスで、物事の本質を見きわめていきます。


あらすじは

主人公の富岡ゆうじはスーパーで深夜の警備員をしている32歳の男性で、

彼は不意に、自分にこれまで友達や恋人と呼べる存在がいなかったことに気付いて、

これまでの孤独で、まったく何もしない人生を後悔して、友達を作ろうと決めます。


そんな中、富岡ゆうじが住むアパートの隣の部屋へ羽田梓

というスタイル抜群で小説家志望の若い女性が引っ越してきます。


誰もが、うらやむ美人なのですが、

生まれて、はじめて好きになった異性がトランプのジョーカーなど

男性の趣味は少々変わっている女性です。


ところがそんなある日、富岡ゆうじが勤務中のスーパーに

「警備員へ お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」

と書かれた脅迫状が届きます。


そして、富岡ゆうじがスーパーの屋上でサボっているところを、

無断で寝泊まりしていたアパートの空き部屋から眺めていた、本名は不明で、

一等前後賞を合わせれば一発でサラリーマンの生涯年収を上回れる

宝くじを当てることが生涯の夢の、ホームレスと出会います。


富岡ゆうじに、脅迫状の犯人の情報を教えると、

もちかけ富岡ゆうじの自宅に転がり込みますが、

200万円以上の借金をしている闇金融屋に発見され身柄を拘束されることになります。


しかし、その借金は富岡ゆうじに肩代わりしてもらうのですが、

涙を流して「この恩は必ず返す」と言いながら舌の根の乾かぬ内に

「富岡に体を許すことで恩返ししようと思ったが、

やっぱり一万円で買ってもらえないか」

富岡ゆうじと交渉しようとします・・・・

実は、富岡ゆうじが同性愛者であるという勘違いを、このホームレスはしています。

更に、脅迫状の犯人については何も知らないという詐欺のような・・・


しかし、富岡ゆうじは、常に独りだったから、

少し喋っただけで友情に近い感情が芽ばえたようで、

借金まみれのホームレスの負債を肩代わりしてしまいます。



ところが、冨岡ゆうじ羽田梓のアパートは壁が薄くて、

そのやりとりの様子は、隣の部屋の羽田梓の部屋まで聞こえてしまっています。


これを聞いた羽田梓は、冨岡ゆうじにベタ惚れして、

結局付き合うことになります。


羽田梓と、一夜を共にしてから、女性やセックスに対して強い関心を持つようになり、

雨川勇花林雄大が巻き込まれた事件で、

事情を全て知っていながら止めなかったことに責任を感じて、

スーパーの警備員を依願退職します。


次に、新しい職場で出会った斉藤を自身と同類だと思い熱心に慕うも、

実際には、その間に存在するギャップに戸惑いますが、

結局は斉藤のことを、よく気に掛けています。


しかし、一方の斉藤は、富岡ゆうじのことを気に入ってはいるが

気に掛けているとは言い難く、

新しい職場でも、厄介な事件に巻き込まれ退職する羽目になり、

レンタルDVD店で、アルバイトとして働きはじめます。

そして、最後には、羽田梓と結婚することになります。


これでみんなハッピーエンドで終わるのかと思いきや、

なんと冨岡ゆうじと思われる人物が、

屋上から、飛び降りて死んだと思われるカットで終了します。


さまざまな事件、トラブル、出会い、別れを

経験することになるというストーリーになっています。



ショボクレ警備員の富岡ゆうじが、没な人生にお別れするために、

「友達作り」に奮起するも、ホームレスのおやじ(光石研さん)の出現や、

「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という謎の脅迫状など

次々起こるアクシデントで富岡ゆうじの人生は一変していきます。


新人警備員として、富岡ゆうじの前にあらわれて、

富岡ゆうじを、ある事件に巻き込む花林雄大役に賀来賢人さんと、

雨川勇役に吉村界人さん、

更に淵上泰史さん、村上淳さんが、物語の重要な鍵を握る人物として出演するとのことです。



これまでドラマ出演を避けてきたという有田哲平さんが、

今回のオファーには

「考えるよりも前に『やります』と返事をしてました。

どういうことなんだろう? 

なぜ僕が主演なんだろう?とは思ったのですが、

悩んでる間に相手の気が変わるかもしれないんで、

『やりますよ!』って言ってしまったのかな」

と勢いで快諾したと語っています。


しかし、一方で

「原作は人間の深い部分をついていて、恋愛も含めシリアスな人間ドラマ。

笑える部分もたくさんありますけど、

古谷さんの作品の重みはハンパなくて『この作品をやるんだ』という責任を感じますね」

とも語っています。


有田鉄平さんの、恋のお相手、ヒロインの羽田梓役を演じる本田翼さんは

「まず最初に有田さんが主演のドラマと聞いてびっくりしたのと

同時に"面白そう”と思いました。

この作品でご一緒できるのがとてもたのしみです」

と語っているそうです。


有田哲平さんの初主演に、本田翼さんの強気で押しの強い羽田梓役など

実写ドラマわにとかげぎす」の2017年7月のスタートが楽しみですね!


ちなみに、漫画わにとかげぎす」が、

気になる方は、こちらをチェックして下さい。

わにとかげぎす1巻(Kindle版)のアマゾン公式サイトへ
わにとかげぎす1巻(電子書籍)の楽天公式サイトへ


最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました