So-net無料ブログ作成
検索選択

菅田将暉と土屋太鳳主演で「となりの怪物くん」が実写映画に!首輪つけるか? [映画]

スポンサーリンク






菅田将暉さんと土屋太鳳さん主演で「となりの怪物くん」が実写映画

菅田将暉さんに首輪つけるのかな?


となりの怪物くん」は、ろびこさんによる少女漫画で、

デザート」で2008年10月号から2013年8月号まで本編が連載されて、

2013年10月号から2014年1月号まで番外編が連載されました。


2012年には、テレビアニメが放送されて

更に、実写映画化が菅田将暉さんと、土屋太鳳さんのW主演で

2018年に公開されることが決まりました。


となりの怪物くん」の実写映画化は、複数社との競合になっていて、

菅田将暉さんと、土屋太鳳さんが主演をつとめることで、

東宝が映像化権を獲得したようです。


あらすじは、

行動が予測不能な問題児・吉田春(菅田将暉さん)と、

ガリ勉で冷血な水谷雫(土屋太鳳さん)という、友達ゼロの2人が主人公になっています。

水谷雫の、初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係など

はじめてだらけの2人の吉田春水谷雫を中心に、

いろいろな登場人物たちとのふれあいを描いていきます。


主人公・水谷雫は、幼少期からトップの成績をとることしか興味が無く、

生き物にたいしての慈しみも乏しい女の子で、

小学生の時に、クラスで飼っていたウサギが死に、

みんなが悲しむ中でも宿題を優先する発言をして、

周囲から「ドライアイス」とあだ名をつけられるような勉強ばかりの女の子で、

高校へ入学して間もなく、担任から隣席との理由で依頼されてプリントを届けたことがきっかけで、

入学式当日に流血事件を起こして、停学処分解除後も不登校を続ける

問題生徒・吉田春(ハル)と知り合うことになりました。


本当の友達がいない吉田春(ハル)の思い込みや、勘違いも手伝い、非常に気に入られる。

迷惑しながらも、水谷雫吉田春(ハル)の世話を焼くようになります。


やがて吉田春(ハル)は登校をはじめて2人の感情にも友情が芽生えはじめる。

それが次第に、恋愛に近いものに変化していきます。


実は頭脳明晰だが、暴力的で奇行が目立つために友人を求めながらも孤立してきた吉田春(ハル)と、

成績こそ全てと優秀な自分を維持するために他人との関わりを排除してきた水谷雫は、

不器用な2人が出会ったことにより、取り巻く人間関係もそれまでとは大きく変わっていきます。



吉田春役の菅田将暉さんは、

「最近僕は運動不足です。土屋さんは身体能力の高い方だと聞いていますので、

撮影の合間にボールを使ったりして遊びたいです」

と語っているようで、


監督は、月川翔監督で、

菅田将暉さんと土屋太鳳さんという力強い主演2人を得て、

本作を映画化する上で考えうる最高のキャスティングだと思います」

と語っています。


となりの怪物くん」は、2018年に公開とのことで、

楽しみですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。