So-net無料ブログ作成
検索選択

沢尻エリカ主演「母になる」ドラマがヤバい?小池栄子、板谷由夏の母親が・・・ [ドラマ]

スポンサーリンク






沢尻エリカさん主演の「母になるドラマが結構人気に?

小池栄子さん、板谷由夏さんの母親にも注目されたようです。


2017年4月12日の22時から放送の日本テレビドラマ母になる」)が、

4月13日に発表された視聴熱のデイリーランキングで1位を獲得したようです。

平均視聴率も10.6%を記録したとのことで人気なっています。


誘拐された息子と9年後に再会する母親の物語で、

ドラマ母になる」は主演の柏崎結衣役の沢尻エリカさんの子供が誘拐されて、

9年後に再会するというストーリーになっています。

子供を巡り、母親とは何かを門倉麻子役の小池栄子さんと

西原莉沙子役の板谷由夏さんが問いかけています。


ドラマ母になる」は、9年前に子供が誘拐された母親・柏崎結衣(沢尻エリカさん)や、

その子供を7年育てた女性・門倉麻子(小池栄子さん)、教授の西原太治(浅野和之さん)の

妻・西原莉沙子(板谷由夏さん)ら3人の女性が、

母になることの喜びと、痛みを感じながら成長していくストーリーになっています。


第1話では、柏崎結衣柏崎陽一(藤木直人さん)のなれそめや

息子・広(吉武歓さん)が生まれて幸せだった柏崎家の日々が描かれて、

そして柏崎陽一の教え子が誘拐事件を起こして、広(吉武歓さん)が行方不明となり、

9年後に結衣と成長した広(道枝駿佑さん)が再会するまででした。


結衣がケーキに顔を突っ込んでしまう場面などがあり、

沢尻エリカさんがカワイイなどのネット上でも盛り上がっています。


次回の2017年4月19日に放送の第2話では、

結衣と離婚して、大学教師も辞めて実家で引きこもり同然の生活を送っていた

柏崎陽一の元に、児童福祉司の木野愁平(中島裕翔さん)がやってきます。


木野愁平が養護施設にいることを柏崎陽一に伝えて、

更に、結衣がまだ知らされていないことがあると打ち明けます。

おそらくは、7年育てた女性・門倉麻子(小池栄子さん)のことでしょうか?


沢尻エリカさんの母親役が今後も注目されそうですね。

ドラマ母になる」の今後の展開が楽しみです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。