So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

エルサゲートとは?動画がYouTubeに・・・アンパンマンも対策は! [話題]



エルサゲートとはなに?

動画YouTubeにアップロードされて迷惑とも言われています。

アンパンマンなどの人気アニメなどを装っているそうです。

対策は、いろいろされているそうですが・・・


エルサゲート(Elsagate)は、子供にとって不適切なテーマの動画が、

ユーチューブユーチューブ キッズなどで

で家族向けのコンテンツとしてアップロードされている状況の造語のようです。


これらの動画のほとんどは、暴力、性に関連する行動、トイレなどの諧謔(かいぎゃく)、

そのほかに、危険、人を動揺させる状況、活動をあらわすもので、

表示するときに注意が必要な動画などをいいます。


インターネットの動画サイト、主にYouTubeなどで、

子供に、アニメ動画を見せていたら、いきなり残酷な内容になるなど、

子育て中の、親御さん間で、そうした悪質な動画が問題化しています。


最初は、かわいらしい作品のために、

運営会社の規制を、すり抜けているのが現状のようです。


最近注目されている、子供をスマートフォン(スマホ)で遊ばせる

スマホ育児などをする親御さんがいるために、

子供が見ると、悪影響があるのではと、注意がさけばれています。


なぜ、エルサゲート動画が作られるようになったのか?

一般論では、動画の再生回数に応じた広告収入を得ることが

目的という意見もあるそうです。

日本では、育児中の母親という方が、エルサゲートのことをブログで紹介して、

問題点を指摘する方も目立ってきています。

最近は、日本語版も多数あるそうで、対策の必要性が騒がれています。


エルサゲートにあたる動画では、

登場人物は、有名で家庭的なキャラクターに似せたり、

著作権などの許可なく融合させたりする動画が多いようです。


Elsagate(エルサゲート)という造語は、

Elsaは、2013年に公開されたディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」

の主人公が、よく動画で使用されているのと

gateは、スキャンダルなどの出来事に用いられる接尾語を合わせた混成語とのことです。

Toy Freaks(トイフリーク)のような、現実世界の子供を使って、

児童虐待などの内容が含まれる動画なども、

Elsagate(エルサゲート)と言われているようです。


YouTubeは、自動再生機能があり、

有効にすると関連動画が続けて再生されるために、

エルサゲート動画が次から次に再生されるおそれもあります。

YouTubeは、プログラムによる検出、視聴者からの不適切な動画の報告で削除しますが、

エルサゲートは、多数あり、タイトルが幼児教育用をよそおっているなど、

監視が難しくなっています。


海外も、社会問題になっているようで、

2017年3月に、英BBC放送が、エルサゲートの類似の動画が数百件ほどもあるそうで、

数百万回以上も視聴されたものもあると報じています。

更に、2017年11月には、米紙ニューヨーク・タイムズが、

多くの人が警告しているとも報じて、

更に、中国まで2018年1月22日に、

動画サイト運営者に、不適切な子供向け動画の取り締まりを求めたと、

中国共産党機関紙や、人民日報のウェブサイト・人民網が報じているようです。


子供が好きなキャラクターと思ってエルサゲートの動画を視聴すれば、

ショックは多大で、トラウマになる心配もあります。

スマホを使うなら、信頼できるサイトを選ぶことが重要になると思います。


2016年の調査で、0歳児の20%、1歳児の40%、2~5歳児の60%が、

スマホ、iPhone、タブレットなどの情報端末を利用しているようです。

家事などで、手が足りないときに、

情報端末をあたえて動画、ゲームで遊ばせる保護者は少なくないでしょう。


エルサゲート動画の多数は、実写か!雑なデジタルアニメーションのどちらかとのことです。

いくつかのチャンネルでは、

クレイ・アニメーションなど精巧な技術も使用されているそうです。

YouTubeは、年齢制限に関するポリシーを定めているので、

動画が、子供向けにふさわしいかを判断するアルゴリズムも持っていますが、

これらのエルサゲート動画は、それらの規制を回避するようにタグ付けをして、

YouTube Kidsへの配信も可能にしているようです。

今のYouTubeでは、これらのエルサゲート動画を一つずつ審査することは

難しいと考える方も多数いるようです。

今後、どのような対策がされるのか?


参考にしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -